【恐怖!】バイト先で。A『いくつ』→私「16です」 → A『〇日空いてる?』→私「空いてます」→A『その日は俺とデートだよ。君を食べるの楽しみだよ^^』 →その後・・・

 

16歳のころ

夏休みに5日間

工場で短期バイトをした。

 

 


 

 

その時期は

その業種の

年に一度の繁忙期

(例えばクリスマス前の

ケーキ工場のような感じ)

短期バイトや

常勤のパートさん、

指導係の社員さんなど、

かなり工場内は

人で溢れていた。

 

 

指導役の一人に

Aさん(当時33歳)という

男性社員がいて、

短期バイト集団を

よく気をかけて

くれていた。

 

 


 

 

33歳のAさんは

16歳の私からみれば

ものすごく大人だったが、

気さくな雰囲気の人で

休憩中にも

たまに話していた。

 

 

その中で一度・・・

 

 

次ページへ続きます