【スカッと!!】美人で強気な幼馴染の引き立て役兼サンドバッグだった私。見返そうと努力し復讐開始・・・

 

 

中学生のとき、

美人で強気な幼馴染に、

ブサイクで気弱な私は

いつも嫌味を言われていた。

 

 

時には、

じゃれるような感じを

装ってぶたれることもあった。

 

 

例えば、

友人

「○○ちゃんと私ちゃん、

いつも一緒だよね。

幼馴染なんて羨ましいなー」

 

幼馴染

「まあ本当はもっと可愛い子が

良かったんだけどなーwww

あれと一緒にいると

私まで頭のおかしな奴に

思われるっていうかwwwww」

 

これを全部

私のいる教室で言う。

 

 

ちなみに幼馴染の

すごいところは、

これだけ言っても

誰からも嫌われないことだ。

 

 

むしろ、

幼馴染の周りには

常にキラキラ系の

取り巻きが数名侍っていた。

 

 

本当に我慢ならなかった。

 

 

私が一体何をしたというんだ。

 

 

なぜ私がこんなにも

傷つけられなくては

いけないのか。

 

 

答えは

自分でも分かっていた。

 

 

私が

 

次ページへ続きます