【驚愕】中年のオッサンが週に2日の時給千円のバイトのみで何故高級住宅に住めてたのか分かって、「ああああ!」って声に出た・・・

 

当時20歳の世間知らずな田舎者の私は

都心に出てバイトを始めた。

そこには掛け持ちのフリーターが

沢山働いていて年齢も皆ばらばらで、

毎日シフト入ってた私は週末しか出勤しない

38歳のおじさんと仲良くなった。

18歳も年が離れてるとは

思えないくらい若くて、

20代に見えるその人は

とにかく目がでかくて

私以外とはあまり話さない、

物静かでおっとりしたおじさんだった。

おじさんは週末しか出勤しないのに

港区の高級住宅街に

住んでいると言っていたんだ。

他のスタッフみたいに

掛け持ちで仕事他にしてるのかと思ってたら

「してないよ~」

とヘラヘラして答えるので

実家がお金持ちのお坊ちゃんとかなのかなって特に気にしてなかったのだが…

 

次ページへ続きます